こんにちは。美術科講師の中川です!


今日は写真が上手くなるということについてのお話です。


写真を撮ることを仕事にしていると、周りの人に写真がどうやったら上手く撮れるようになりますか?と聞かれることは多いです。

写真を仕事にして15年くらいが経ち、まだまだ下手だなぁと思うことは多いですが、上手く撮れるようになるためにこういうことが必要だということを人に説明できるくらいにはなってきました。

今日はそれを説明してみましょう。

必要なことを大きく説明すると、

①カメラを操作するための技術
②こう撮りたいという理想の写真のイメージ

まずは何と言ってもカメラを操作する技術です。例えばどんな環境でも適正な明るさで撮影できることだったり、選手の動きについて行ってピントを合わせることができること。これは技術的なことなので適切に学んで理解すれば少しずつできるようになります。これは学園内の講座でも継続的にやっていきます。カメラごとに持っている機能も違いますが、こういったコミュニティだからこそ、ひとりひとりに目を配りながら講座をすることができると思いますので、一緒に頑張りましょう。

そして、撮りたい理想の写真をはっきりとイメージすることです。実はこれが一番大切だと個人的には思っています。私自身、いろいろな写真を目にする中で、「こんな写真撮ってみたい」「こういう写真が理想」と感じるものがたくさんあります。理想の写真の明るさ、理想の構図などです。まずは、そのイメージをはっきりと持ちます。真似からで大丈夫です。世の中のさまざまな技術を身につけるための第一歩は模倣から始まります。そして、実際に現場で試しながら、自分で撮れる画を少しずつ増やしていきます。その蓄積の中で、足したり引いたりしていると、少しずつ模倣から離れて、自分なりの理想の写真が撮れるようになっていきます。また、写真の技術が身についてくると、模倣したい理想の写真がなぜ、そのように写っているのかも理解できることが増えていきます。

今はSNSなどでかっこいい写真を目にする機会は非常に数多くあります。好きな写真をそう言った写真をたくさん見ることがイメージ作りの手助けになっていくと思います。

かっこいい写真を見ることができるSNSアカウントをごく一部ですが、いくつかご紹介します。バレー以外の競技の写真ばかりですが、私自身これらのアカウントで見る写真で理想の写真をイメージしています。ぜひ見てみてください。

・フォートキシモト
日本のスポーツ専門フォトグラファー集団。いろいろな競技のかっこいい写真が見られます
https://www.instagram.com/photokishimoto/?hl=ja


・アフロスポーツ
こちらも日本のスポーツフォトグラファーチーム。ウェブ上の写真に「アフロ」って書かれた写真をみなさんもきっと見たことがあると思います

https://www.instagram.com/aflosport/?hl=ja


・ゲッティスポーツ
世界最大のストックフォトサービスのスポーツ部門。写真に撮影したフォトグラファーがタグづけされているのでどんどん探すこともできます。「getty images」と書かれた写真はこちらのサービスからです

https://www.instagram.com/gettysport/?hl=ja


・Joosep Martinson
フィギュアを中心に撮影するフォトグラファー。美しい写真にため息が出ます

https://www.instagram.com/jmfotoz/?hl=ja


・Pauline Ballet
テニスとツールドフランスの写真が多くアップされています。周りの風景などと絡めた美しい情景がとても美しいです
https://www.instagram.com/paulineballet/